ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

【和訳】ジョージ Joji / "Gimme love"


Joji - Gimme Love (Official Video)

 

Jojiの新曲。

なんか訳してみたら死ぬほど暗い感じになってしまいました。

"When I'm gone" とか言われたら私は「死ぬの!?」とか思っちゃってその路線で訳してみたんですが、ほかの人の訳を見ると皆さん「僕がいなくなったら」とそこまで重くない解釈を採用されてて、あれ、私重かった? て感じなんですがそれでいい! 私はこれで行く!

 

前提はイマイチ態度がハッキリしない相手に「俺が死んだら愛してくれるのんか? 愛してくれるよな?」とヤヴァめに詰め寄ってる感じです。

 

でもな~ピンクガイやフィルシー・フランクとの距離が近かった頃ならまだしも、"Attention" とか "Sanctuary" みたいな曲を作ってた人がそんなん作るかな……って思ったり、思わなかったり。

 

この前のCCFX の歌詞に関するピッチフォークの解説にあったのと同じくポエティックな感じなので、ワケわからん部分はポエティック(言いたいだけやん)で無理矢理押し通してあります。

 

 

[Intro]
Oh
Oh
Oh

[Chorus]
Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

When I'm gone, when I'm gone (Oh) ※1
僕が死んだら、僕が死んだら

Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

Gimme, gimme love, gimme, gimme love (Oh)
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

When I'm gone, when I'm gone
僕が死んだら、僕が死んだら

 

[Verse]
Swing around front, let me inside ※2
近づいたと思ったら離れていく、僕を受け入れてくれよ

Playin' my song into my side ※3
僕の歌を僕の脇腹に突き刺して僕の歌で僕をえぐって

It hurts, I can't lie
痛いよ、痛くないフリはできない

Remember those times I fought to get out?
抜け出すために僕が戦った日々のことを覚えているかい?

I want to get out
抜け出したいんだ

Those pictures so clear, they fade in my mind
そのハッキリした光景は、僕の記憶の中で消えていく

You leavin' me here with ashes and fire
君は灰と炎だけを残して僕の元を去っていく

These people don't heal, these people don't feel
ここの人たちは僕を癒してはくれないし、彼らは何も感じない

These people aren't real, so make me this deal
君以外はみんな偽物だよ、だから僕と取り引きを

Won't you?
取り引きをしてくれないかい?

 

[Chorus]
Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれ、僕を、愛して

When I'm gone, when I'm gone (Oh)
僕が死んだら、僕が死んだら

Gimme, gimme love, gimme, gimme love
愛してくれ、愛してくれよ、僕を、愛して

Gimme, gimme love, gimme, gimme love (Oh)
愛してくれ、愛してくれよ、僕を、愛して

When I'm gone, when I'm gone
僕が死んだら、僕が死んだら

Gimme, gimme love, gimme, gimme love (When I'm gone, yeah)
愛してくれ、愛してくれよ、僕を、愛して(僕が死んだら、そう)

Gimme, gimme love, gimme, gimme love (When I'm gone, yeah)
愛してくれ、愛してくれよ、僕を、愛して(僕が死んだら、そう)

When I'm gone (Ooh, yeah), when I'm gone (When I'm gone)
僕が死んだら、僕が死んだら

(When I'm gone, when I'm gone)
(僕が死んだら、僕が死んだら)

 

[Outro]
Look into your heart and let me know
君の胸に手を当てて、その胸の内を僕にも見せてよ

Do things turn black and gray as they go?
黒になったり灰色になったり変わっていくのかな?

When I'm far too gone, can you show me love?
僕がずっと遠くへ行ったら、愛してくれるかな?

Give me love
僕を愛してくれよ

(Ooh, ooh)

(Ooh, ooh)

Caught in a river of records and dreams (Ooh) ※4
たくさんの記憶や夢に捕まってしまったよ

Oh, will you keep up with me? (Ooh) ※5
あぁ、僕と一緒に来てくれるかい?


Everyone's looking for someone to hold (Ooh)
みんな誰か抱きしめる人を探してるんだ

But I can't let you go (Ooh, ooh) ※5の続き
でも僕は君を手離せないよ

(Ooh, ooh)

 

 

※1

「死んだ」で解釈しました。そうすると後々意味を考えると怖い部分が出てくるんですけどね……。

 

※2

 "Swing out front" の意味が分からないんですが「振り回す」みたいな意味があるようなのでこんな感じにしました。

 

※3

意味分からん箇所です。でも死ぬとかそういう世界観で行ってみたのでこんなおどろおどろしい感じに。後ろの "It hurts" とも整合性が取れるし。

 

※4

ここ、GENIUSだと "records" の部分が "rockers" になってるんですけど、他の歌詞では "records" になってたり、どうもそう言ってるように聞こえたり(しかし私にはちゃんとは判別できない)、意味合い的にはこっちの方が分かりやすいよなってことで "records" でいってみました。

 

※5

そうそう。そんでここよ。問題の箇所は。

"When I'm gone" を普通に「僕がいなくなったら」と訳すのであればここの "Will you keep up with me?" は単純に「僕に付いてきてくれるかい?」でいい。でもこいつが死ぬ死ぬ言ってるとすると「僕と一緒に死んでくれる?」って意味になってかなり怖いですよね。

そしてダメ押しの "But I can't let you go" ですよ。「でも僕は君を手離せない」。なんで前の文章と「でも」で繋がってるねんって思ってたけど、「一緒に死んで」とか言ってるなら「君は大事な人だけど一緒に死んでくれるかな?」ってことで一応辻褄は合う。

 

 

自分で訳しといてなんですけど、こんな意味じゃないといいなぁ。

そう思う反面、こういうキチ●イじみた歌詞も嫌いじゃないなと思ったり。そしてそれをこういう曲調でやるのはもっと嫌いじゃないなと思ったり。

 

 

Joji "Nectar" は以下から購入できます。

 

[http://:title]