ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

あのときキスしておけば 第3話ネタバレ感想

3話まで来て、俄然面白くなってきましたね!

3話のネタバレガッツリしてるので、まだ観てない人はお帰りください!

 

 

 

最初は桃地(松坂桃李さん)と高見沢(三浦翔平さん)で蟹釜ジョー(井浦新さん)を取り合う話なのかなと思ってました。

高見沢もそのうちタナカマサオの中の人が蟹釜ジョーだと気づくでしょうし、気づいたら「もう失いたくない!」とか言って結構素直に突っ走りそうなので。

 

でも蟹釜ジョーの外の人の正体というか人となりがちょっとずつ分かって来てそういう話ではないのかもと思っています。

 

名前はタナカマサオ、清掃会社勤務、妻子あり。子は桃地と漫画を取り合った(すぐに桃地が譲ったけど)高校生かな? 何らかの事情でお金が必要だった。妻はMEGUMIでお金持ち。桃地の働くスーパーのエグゼクティブ真二こと反町には身の上話をしたり下の名前で呼ばれるくらい仲がいいらしい。

 

妻子がいるとなると松坂桃李三浦翔平をはべらせてハーレム♥ といかないでしょうし……。

 

脚本が大石静さんなのでただのラブコメではなく、中身が入れ替わってしまったことにも何か理由があるんだろうとは思います。マサオの家庭が変わっていくんでしょうねぇたぶん。

 

個人的にはクールなキャラだった三浦翔平さんが壊れてきてるのがツボです。会見場から追い出される様は必見です。