ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。近々……そのうち……来年中(遅!)には……YouTubeでスパゲッティ動画を公開できたらいいなぁと思っています。とりあえず決意表明。

絵本 『どこいったん』 感想

お話がそもそもちょっとすっとぼけた感じのブラックユーモアストーリーなので、このちょっとホワンホワンした感じの感じの関西弁で訳されているのは良かったとおもいます。訛りがあると中和されるような錯覚に陥ります。
このお話の登場人物達(人物?)って、現実の世界の人間にいくらでもいそうな人ばっかですよね。これだけ少ない単語数でそれを表現するんだから、やっぱり絵本や児童文学は作り上げるのが難しいんだろうな~とおもいます。
 
『Moe』の絵本屋さん大賞を立ち読みしていて、即絵本コーナーに向かって読破してレジへ直行しました。先に原作者や訳者のインタビューを読んでしまっていたので驚きはありませんでしたが、インタビュー読んでて衝撃を受けたのでね。へへ。
 
絵本屋さん大賞1位だった荒井良二さんの『あさになったので まどをあけますよ』も同時購入しました。こちらは絵がね、最高に素敵でした。以前母が『たいようオルガン』とゆう絵本に一目ぼれして買って来た事があったのですが、同じ方でしたね。