ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

シャーロック3 第一話 『空の霊柩車』 ネタバレ感想

ついにこの日がやって来ました!

BBCシャーロック』シリーズ3がついに日本でも放送されました!
待ってたーずっと待ってたー!
シリーズ2の時に、待ち切れずに色んなネタバレサイトを観たり、アメリカ版のブルーレイ観まくったりしてイマイチ新鮮さを感じられなかったことを反省して、今回はシリーズ3に関する情報を極力シャットアウトして鑑賞に臨みました。アメリカ版ブルーレイも買ったけど未開封のままぐっとガマン。努力の甲斐あってとても楽しんで観ることが出来ました。

まだご覧になってない方もいると思うので、感想は反転させて掲載します。スマホの方は反転にならないと思うので、かなり下までスクロールしないと読めないようにします。
























ネタバレここから↓



冒頭から、いきなり騙されました。「えー嘘やろそんな真相それは絶対ムリやろ」と思わせといてそうゆうオチですか! コロっと騙されて、「ちょっとちょっとどーしちゃったのよ『シャーロック』!」って思いました。全部アンダーソンの妄想とは!
アンダーソン、ミニエピソード『幸せな人生を』の時点ですでに片鱗を見せておりましたが、今回、豪快に崩壊してましたね! まさかあんなかわゆいキャラになるとは~君はどんだけシャーロックのこと好きやってん、と。ガイコツ事件のことを問い詰められてるとき、めっちゃ嬉しそうでしたしね。泣いて抱きついてポンポンしてもらって。シャロにポンポンしてもらえるなんて中々ないことよ~。
しかしね、「変なファンクラブまで作って」ってそこまで好きやったんかい! てゆうか、今回のタイトル、その変なファンクラブの名称やしwww ゴスッ娘の「シャロとモリちゃん先生が実はデキてた」説を聞いてた時に、二人のチューの直前で遮ったのは、「俺を差し置いてモリアーティとチューとかなしやろ!」だと思います。

でもねー、アレは嬉しかった。モリーちゃんとシャロのキスシーン。萌えまくりましたヨ。たとえアンダーソンの妄想でも。世界中のシャロ×モリー押しのファンへのサービスカットだと勝手に解釈しております。モファットさん及びにゲイティスさん、ありがとうございます。でも、このカットがあるってことは、今後もシャロとモリーちゃんの距離感は今のまんまなんでしょうね。それはそれで寂しいけど、それはそれで萌える。あはん。
モリーちゃんはついに彼氏が出来ちゃったのだね。あれだけいい子なんだから、彼氏出来ないほうがおかしいよね。「おめでとう」って言ったときのシャロのやや寂しそうな、複雑な表情にまた萌えたよリアルにチューするんじゃねーかとおもったよあぁ! 彼氏へのシャロのコメントが気になるなぁ。来週もモリーちゃんは出演の様だし、この二人の間にはまだ何かあると信じております。

しかし、シャロ生還の種明かしはつまんなかったな~。確かに、筋は通ってますけど。とはいえ、つまんないからこそのあの演出。もの凄く楽しめました。アンダーソンと同じで私もがっかりしたけど、でも二人のトンデモ推理などを挿れて、なお且つアンダーソンに「がっかり」って言わせることで上手く中和してくれたと思います。



今回は、ホームズ家のことが結構描かれてましたね。シャロがなんでお兄ちゃん嫌いなのかとか、めっちゃ納得いきました。そりゃ嫌いになるしシャロは人格歪むわ。でも、シャロはジョンを見つけたわけで、ヘタクソだけどお兄ちゃんの情操面の心配もできるまでになってるわけで、お兄ちゃんにも心を開ける相手が見つかるといいですね。
さらにはまさかのホームズ兄弟のご両親まで登場。ティモシー・カールトン&ワンダ・ヴェンサム夫妻がパパ&ママを演じてました。あの兄弟の親だから、厳格なお金持ちの奥様&旦那様なのかと思っていたら(てゆうか、ホームズ家にはパパがいないものだと思ってたのですが)、めっちゃ普通のおじいちゃんとおばあちゃん。田舎から出てきてロンドン観光楽しんでるような普通のご夫婦なのですね。普通の両親に非凡な息子たちって、本人達もそれはそれは苦労したことでしょう。ここでも色々歪んだんだろうな~。「パパとママを『レ・ミゼラブル』に連れてってあげる」という、どう考えても自分には遂行できないような任務に自ら身を投じたマイクロフト。鑑賞中に普段の落ち着いた姿からは想像できないような声で弟に助けを求めるとかかわゆすぎ。「幕間で交代してくれ!」って、弟がそんなお願い聞いてくれるわけないじゃないですか。

それから、ジョンの婚約者、メアリーはとても素敵な人でしたね。賢くて優しい。シャロもいままでのジョンの彼女にしてたような態度は取ってないし、メアリーもシャロのことを気に入ってるみたいだし、ジョンと結婚しても、小姑との関係は心配しなくても良さそうですな。

ジョンは2年間、ずっとシャロに「もういい加減死んでるのはやめてくれよ」ってお願いし続けてきたわけですが、いざシャロが死んでるのを辞めたら全く現実を受け入れられず(そら当然だ)、再会の場となった高級レストランでシャロを殴り倒してお店から追い出され、落ち着いて話そうと場所を変えたダイナーでもシャロに掴みかかって追い出され、ついにはテイクアウトのデリカテッセンへ……。その度にシャロの顔に怪我が増えていくのが笑えました(アドラー様が「避けてくれたのね」てゆってたお鼻をバッチリやられてましたw)。説明を聞こうとしてくれないし、めんどくさくなってきた(訳じゃないだろうけど)シャロは色々段階をブッ飛ばしてコンビの復活を申し込むんだけど、それをあっさり断るジョン。
そりゃーね、一番の親友で、自分を騙してずっと死んだふりしててって、そんな簡単に許せるもんじゃないですよね。しかもこの二人の場合、目の前で自殺されてますからね。やっと傷も癒え始めたところだというのに今更戻って来られてもね……。レストラード警部は抱きしめて迎え入れてくれたけど、それも自殺の瞬間見てたらできないと思うし。

ネタバレここまで。

だからともかくこの第一話は、シャロがジョンに許してもらうための回って感じでしたね。最終的には許してもらえてよかったね!

それにしても、シャーロック・ホームズを演じてるときのベネディクト・カンバーバッチって、どうしてこんなにセクシーなんでしょう。セクシーすぎてキュン死にするわ~