ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。近々……そのうち……来年中(遅!)には……YouTubeでスパゲッティ動画を公開できたらいいなぁと思っています。とりあえず決意表明。

ヴァンス・ジョイ"RIPTIDE" がキター! / 今週のビルボード・チャート

ひー! 気づいたら一ヶ月近く放置……すみません。なんか、年度末決算が終わるとプスンと何かが抜けてしまうようで……。

さて、今回は久し振り(半年ぶりくらいか?)のビルボード・チャートの話題です!

ちゃんと毎週チェックしてるんですけどね! なんとなく長いこと記事を書かずだったのですが、今週は好きな曲がランクインしてたので!




さて、今週は下からゆきます!

オーストラリア出身のヴァンス・ジョイさんの "RIPTIDE" が92位に初登場です! まさかアメリカのチャートに顔を出すなんて大興奮です。もうね、この歌大好きなんですよ! 切なくてね~なんつーかこう、初夏の真っ昼間の草原にシトシト雨が降ってて、でも空はうっすら明るい、 みたいな曲。今の時期にピッタリな曲です。でも本国で流行ったのって確か去年の夏ごろ(つまりオーストラリアは冬)のはずだし、イギリスで流行ったのも今年の1月くらいだしで、全然初夏じゃないですよね! アハハ。その辺の話はともかく、イギリス連邦諸国で流行ったこの歌、アメリカではどこまで票を伸ばすのか、今後の動きに期待です。

それからですね、先週チャイルディッシュ・ガンビーノさんの "V.3005" が半年ぶりくらいにいきなり97位に再登場して、またすぐにいなくなっちゃうのかな~と思ってたら今回は88位まで上昇してました。この曲もすごく好きなんですよ。チャイルディッシュ・ガンビーノさん、本業はコメディアンのようですが、音楽性も抜群です。インディーロックのサウンドで歌唱法はラップ。ミゲルさんとかと近い感じです。こっちも今後の動きが楽しみ~

そしてちょっと前に取り上げました、イングリッド・マイケルソンさんの "GIRLS CHASE BOYS" も、一度90位代まで落ちちゃったので、もはやこれまでか~と思ってたら、いきなり息を吹き返し、64位まで上昇してきてます。

そして60位にいるクリーン・バンディットfeatジェス・グリンの "RATHER BE" 。この曲も今年の1月頃にイギリスで流行ってたエレクトロな曲です。すごく好き~ビデオには日本がたくさんフィーチャーされてます。ネコちゃん好きは必見! バンド名も日本語に訳してありますが、"Clean Bandit" って、『清潔な盗賊』ってゆうよりかは『潔白の悪党』の方が近いのでは? 英語わかる人、教えてください!

そしてゆっくりゆっくり頑張ってるのが、38位まで上昇してきました、コンゴスの "COME WITH ME NOW"。先週と変わらずですが、もっと上がらないかな~と期待。

現在1位のイギー・アザレアちゃんにもフィーチャーされてるイギリスのシンガーソングライター、チャーリーXCXちゃんの "BOOM CLAP" は25位まで上昇。去年はアイコナ・ポップ、今年はイギー・アザレアちゃんにフィーチャーされ、知名度が上がったところで堂々のソロ・シングル。なんかの映画に使われてるっぽいです。なんてゆうか、個人的には『楽園系』に分類されるタイプの曲です。上手く説明できませんが。なんかね、この手のエレクトロな曲は楽園っぽく聞こえるんですよ。

そして、シア・ファーラーさんのソロの曲もついにチャートを賑わすようになってきましたね。"CHANDELIER" が20位まで来てます。フィーチャード・アーティストやソングライターとしてはアメリカでもヒット曲連発でしたが、ソロでは初めてじゃないかな? 壮大な感じの歌です。ボーカル聞かせる系。シアだから当たり前だけど。物悲しい雰囲気で素敵な曲です。

そんでから、落ちてきてますけどエド・シーランの "SING" が私のなかではとてもヒットしてます。すごくソウルフルで力強くて格好いい曲です。エド・シーランてこんなにすごいソウル・シンガーだったんた! と感動していたんですが、ファレル先生が一枚噛んでいらっしゃる様子。納得です。

そして11位までやって来た、ディスクロージャーfeatサム・スミスの"LATCH"。この曲も、私のなかで大ヒット中です。もうね、雨降ってます! 日本の梅雨の雨in都会! アジサイも咲いてる! しかしサム・スミスさんは引っ張りだこですね。かなり下がっちゃってるけどノーティ・ボーイさんにフィーチャーされてた"LA LA LA" もヒットだったし、なんならいまソロの曲がトップ10にいるしね!

トップ10内はまた国際色豊かですね。カルヴィン・ハリスさんもここまで来るのはソロでは初めてではないでしょうか("WE FOUND LOVE"はカルヴィン・ハリスfeatリアーナでもいいくらいの代物だとは思いますが)? "SUMMER" が8位にいます。

4位のニコ&ヴィンスはアフリカ系デンマーク人となかなかニッチなコンビ。でもこの "AM I WRONG?" って曲、大好きです。夏にピッタリのアフリカン・サウンド。しかもまた物悲しい。今年のトレンドが物悲しいサウンドなのかな? 上にいる人たちは強敵ばっかりですけど、まずはトップ3入りを目指してほしいですね!


ビルボードには一切顔を覗かせていないんですが、いま個人的にヒットしてる曲がもうひとつ。プリンスとズーイー・デシャネルの "FALLINLOVE2NITE" です。殿下色が薄いと言えば薄いんです(殿下はセルフプロデュースが基本のような気がするんですけど、これも本人プロデュースなのかな? あんまりにもプリンス臭が薄いのでやや疑問。ウィキにも曲単体のページはなかったしな~)けど、現代のエレクトロミュージックの要素をふんだんに取り入れたディスコサウンドでとてもかわいくて素敵な曲です。殿下が相手に選んだのがズーイー・デシャネルってのもいい!
私、ズーイーの顔がドンピシャで好みで(ブルネット、青い瞳、つんと上がった生意気そうな鼻)、あの可愛い見た目にハスキーな声ってのもまたツボで。最高にいい気分になれる曲です。リリースされたら各国のiTunesチャートで1位になったのも納得。

あー、今年は豊作ですな!