ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

1月1日、ノロウィルスに感染しました!

明けましておめでとうございます。

タイトル通り、ノロウィルスに感染してのたうち回っておりました。

噂には聞いてましたけど、アレヤバいですね。マジで死ぬかと思いました。

1日の夜、寝る前に胃に違和感を感じたのが始まりでした。
痛いな、と思ったんです。
でもそのときは笑いすぎて腹筋が筋肉痛になったのかなぁ? と思ってました(昼に家族とアメトークの「運動神経悪い芸人」のDVDを観ていたため)。

寝れば治るだろ! と思い眠りについた2時間後、寒気+胃の痛み(吐き気ではない)で目を覚ましました。
どれだけ暖かくしても寒気が止まらないし、胃もシクシク痛い。もしかしたら吐きたいのか……? 吐いたら楽になるのか……? と思い、トイレに向かうと簡単に吐けました。よかったーこれでスッキリするわーと思ったのも束の間、これが悪夢の始まりだったというね。

吐いて安心して布団に戻ったんですけど、まだ胃が痛い。布団の重みすらキツくて仰向けに寝れない。そして胃痛のせいで眠れない。なんなら関節も痛くなってきてさらに寝れない。そして再びの吐き気。吐くものがなくなっても止まらない吐き気。最終的に胆汁吐きました。まっ黄色くて苦いものを吐いたので、最初下から出るものが逆流した!? とか思ったんですけど、そうではなく胃の中に物がない状態で吐くと胆汁が出ちゃうらしいです。結構大量に出てビックリしました。
そんで次に襲ってきたのが下痢。でも、あまり腸内に入ってない状態で吐きまくったらしく、こっちもそんなに出ませんでした。
そんなこんなで、眠りについても1、2時間おきに胃と関節の痛みと吐き気で目が覚めるので、長い一晩になりました。朝になってから母がポカリを温めて持ってきてくれ、脱水ぎみで喉が乾いていた私、いけないと知りつつ一気飲み。
当然全部吐いたよね!

でも、下痢、嘔吐はこれ以降は起こらず、次に襲ってきたのは高熱と夜中の比ではない関節痛。
栄養などほぼとってない状態での発熱なので、なんつーの、立ち上がるだけでもゼーハーゼーハー言いながら。そして例のごとく関節は布団の重みすらキツいくらい痛い。これまた1、2時間おきに目が覚めてかなーりキツかったです。
でもこの日(2日)の夕方ごろからちょっとずつ寝れる時間が伸びてきて(4時間くらいまとめて寝れるようになった)、ちょっとずつ楽になってきました。ポカリだけじゃなくて栄養ドリンクとヨーグルトの摂取も始めました。

そんで3日。熱も微熱程度に下がり、ちゃんと尿が精製されるようになりました。が、今度はまさかの頭痛。たぶんほとんど食べてなくて血圧が下がったせい(もともと低いのに)だと思うんですけど、頭の高さをちょっとでも変えるとその後暫くのたうちまわるくらい頭が痛くなる! 座ってる方が頭は楽なんだけど体はしんどくて、身の置き所がない感じ(使い方間違ってるけど)でした。元気になってきた分眠りにもつきづらくて、長い1日でした。夜に久しぶりに少量の米を食べました。おいしかった……。

そして今日。吐き気、腹痛、頭痛、熱、なしです! でも食欲もなしです! 体力なくなってヘロヘロなので、今日1日ゆっくりしたらなんとか治るかな~って感じです。


2日は父方の祖父やその他親戚に会いに行く予定で、3日は母方の祖父母や地元の友人と会う予定だったのでがっかりしましたが(特に父方の祖父はがっかりしただろうなぁ……ごめんよじいちゃん)、たくさんの人に会ってから発症したのよりかはずっとよかったと思います。父方にしろ母方にしろ、老人に移したらシャレにならないですからね!


ちなみに私の感染源は不明です。
二枚貝食べてないし周りにノロにかかった人もいないし。
ただ、お正月を一緒に過ごし、同じものを食べた両親が何ともないことから、年末に遊びにいった大阪で拾ってきたのではないかと疑っております。

普段から手洗い、うがいはしっかりしているのですが、それでもかかるときはかかるので、皆さんも注意してください。

漂白剤を100倍くらいに薄めたもので普段からドアノブなどを掃除しておくといいようです。ノロウィルスさん、アルコールでは死なないらしいので……。薬局で「ノロウィルスに効くやつありますか」って聞いたら色々教えてくれるみたいです!

とりあえず1日目と2日目、マジでしんどかったので、もう2度とかかりたくないです。

実家に帰省してるときだったので、母ちゃんにとっても災難だったろうな……。昨日から一日中家中のものを漂白してます。親のありがたみを実感しております。おかあさん、ありがとう。