ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

カルヴィン・ハリスの好きな曲トップ5

さて、きのう書いたリアーナさんにフィーチャーされた "We found love" で初めてビルボードHot100にチャート・インしたカルヴィン・ハリスさん。
イギリスではもう少し前から売れっ子でした。ちなみにDJ活動してるのは確かですが、個人的には彼はDJというよりもシンガーソングライターというイメージです。ファースト、セカンドアルバムくらいまではそんな感じだった……はず。

そんなカルヴィンさんのトップ5です。

1.The girls
自分でボーカルをとった曲。デビュー・アルバム、"I created disco"からのシングルです。何言ってんだかって感じのアルバムタイトルですが、曲は良いですよ! この曲は全英3位を記録してます。

2.Acceptable in the 80's
デビュー・アルバムからの最初のシングル、つまりデビューシングルです。全英最高10位を記録。

3.Ready for the weekend
セカンド・アルバムの "Ready for the weekend" からのタイトル曲。全英最高3位を記録してます。

4.Stainless in time
BBC Radio1のLive loungeというラジオ番組には、ゲストのアーティストがほかのアーティストの曲をカバーするという名物コーナーがあるのですが、その企画アルバム用にレコーディングされた曲。ジャミロクワイのカバーです。カッコ良いですぞ! 2007年くらいがレコーディングの時期かな?

5.Wild Scenes
2007年リリースの "Merrymaking at my place EP" に収録されてます。これくらいの時代は今よりもずっと尖がってますね。私はこれくらいが好きだなぁ。今のカルヴィンはすっかり落ち着いちゃって。

以上、全部10年前の曲になっちゃいました!