ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。

ジャスティン・ビーバーの好きな曲トップ5

エド・シーランは自分で歌うだけでなく、いろんなアーティストに楽曲を提供しています。親友・テイラー様やワン・ダイレクションなど。そしてジャスティン・ビーバーくんもその一人。エドくんが提供した “Love yourself” はそのメッセージ性も相まって大ヒットとなり、グラミー賞にもノミネートされました。

そこできょうはジャスティン・ビーバーくんの好きな曲トップ5です。

1.Sorry
作曲にジュリア・マイケルズが関わっています。スクリレックスとブラッドポップがプロデュースしたトロピカル・ハウスの秀作。ブラッド・ポップとは最近 “Friends” という曲もリリースすしましたね。この “Sorry” ですが、ビーバーくんの歌の中で1番好きです。というか、ビーバーくんに限らず2015年にリリースされた曲のなかでも結構上位に来るくらい好き。傷つけた彼女(セレーナ・ゴメス?)に「もう謝るのは遅いかな?」「許してほしい」と言っている歌ですが、ファンに向けて「失望させてごめんね」と伝えているようです。

2.What do you mean?
大復活を遂げたビーバーくん4作目のアルバム、”Purpose” からのファースト・シングルで全米1位を記録してます。MdLのプロデュース作。全米最高1位を記録しています。歌詞の内容はちょっとだけストーカーチックです。ビーバーくんが広瀬すずちゃんやピコ太郎さんと出演してたソフトバンクのCMにも使用されていたので聞いたことがある人も多いはず。「ガクワッテル?」

3.Where are Ü now with Jack Ü
18歳ごろから色々おかしくなってたビーバーくん。逮捕されること数回。態度も評判も散々でした。そして2015年、スクリレックスとディプロのユニット、Jack Üにフィーチャーされたこの曲でにわかに復活し始めます。いちおうクレジット的にはJustin Bieber with Jack Üなので選ばせていただきました。歌がうまくて声も美しいことを証明した作品です。もちろんジャック・ユーJack Ü二人組のアレンジありきの歌ではありますが、カーク・ハレルもかかわっているようです。全米最高8位を記録。

4.Boyfriend
マイク・ポズナー、カーク・ハレル(リアーナの ”Umbrella” などのソングライター)、MdLのプロデュース作。ちょっと大人になりつつあるビーバーくんの曲。アレンジがカッコいいのですよ。ゴティエさんの “Somebody that I used to know” と同時期に大ヒットしました。全米最高2位を記録。

5.I’ll show you
スクリレックスとブラッドポップのプロデュース作。プロモーション・シングルとして発表され、全米では最高19位を記録。かなりクールなクラブ・ミュージックです。このプロモーション・ビデオがとてもいいのです。アイスランドで撮影されたというそのビデオ、絶景の中で動き回るビーバーくん。自然保護の観点からやってはならんこともやったらしく、オモロな記事をアイスランド人に書かれてました。苔は絶対に傷つけてはいけない! アイスランド行ってみたいなぁ。
https://guidetoiceland.is/ja/history-culture/5-reasons-why-you-should-not-travel-like-justin-bieber-in-iceland


ジャスティン・ビーバーは18歳ころからどんどん不良化していき、繰り返し逮捕されるようになりました。あの逮捕時の不気味なスマイル写真は忘れられません。
そんなビーバー君も2015年ころから徐々に改心していき、2015年発表の4枚目のアルバム『パーパス』から3曲もの全米ナンバー1を出しました。こ
の復活しかけたころに “Comedy Central Roast of Justin Bieber” という番組に出ていたのですが、めちゃくちゃ面白い番組でした。メインテーマはビーバーくんの禊なのですが、まずは出演者陣が超豪華。で、その豪華出演陣が順番にお互いに関する結構ブラックなジョークを言い合っていきます。個人的に一番ウケたのは、ナターシャ・レガロという女優さんがマーサ・スチュワートに言ったジョーク、「スヌープ・ドッグシャキール・オニールハンニバル・の全員が刑務所にいた合計よりも長くマーサは刑務所にいたのよ!」です。マーサ・スチュワートインサイダー取引で起訴され実際に服役してます。半年くらいですが。そしてスヌープ・ドッグはともかく、シャキール・オニールハンニバル・バレスも服役経験はないはず。
ちなみにマーサとスヌープは仲がいいらしく、去年から二人で ”Martha & Snoop's Potluck Dinner Party” という料理番組をやってます(アメリカでは今年の10月16日からシーズン2が始まるみたいです)。異色コンビすぎますが、つい最近もたしか「ゴースト」のパロディ動画が話題になりましたよね。
で、ジャスティン・ビーバーの話でしたね。ジャスティンくんは、この番組でそれまでの数年間の自分の暴挙を謝罪しました。
「16歳の少年がいきなり10億円を手にしてしまったらどうなると思う?」とも。まぁおかしくなるわな。変な人もいっぱい寄ってくるだろうし。
その後のビーバーくんの動向を見ている限り、この時の反省は確かなものだったのでしょう。まぁたまにオーランド・ブルームに殴られたりとかしてますが。