ちょっと節穴

ヤフーブログより引っ越してきました。スパゲッティ記事などを更新してます。レシピはTwitter(https://mobile.twitter.com/140jispaghetti)で更新しています。以後、よろしくお願いいたします。近々……そのうち……来年中(遅!)には……YouTubeでスパゲッティ動画を公開できたらいいなぁと思っています。とりあえず決意表明。

メタファイブの好きな曲トップ5

高橋幸宏さんは、結構いろんな人と組んで新しいバンドを作っていますが、メタファイヴもその一つ。このバンドにはコーネリアスこと小山田圭吾さんや、元電気グルーヴのまりんさん、レオ今井さんなどが参加しています。まぁ皆さんそもそも持ってる音楽性が近いっちゃ近いやね。

1. Musical chairs
メインボーカルは高橋幸弘さんが取って、途中からちょっとだけレオ今井さんも参加していますね。
和テイストのエレクトロ・ポップって感じかな。
2016年のアルバム『METAHALF』に収録されています。

2. Luv U Tokio
デビュー・アルバムの『META』に収録されています。
「東京」はレオ今井さんが自分の作品で歌ってたなぁ("Tokyo lights")とか思い出しました。随分長いこと聞いてないですけど。東京は確かにドラマティックでエキサイティングな場所ですよね。私も住みたい。誰か住まわせてくれ。

3. Chemical
レオ今井さんがメイン・ボーカルの曲。80年代のニューウェーブの匂いをプンプン感じます! このピコピコする感じ大好き! こちらは『METAHALF』に収録されています。楽しいイメージの曲。

4. Gravetrippin' (META live version)
「墓巡り」か。いいねぇ。パリでは墓地巡りも立派な観光です。世界的に有名な人がいっぱい眠ってますからね。ショパンとか、ジム・モリソンとか、オスカー・ワイルドとか。
エレポップ・ニューウェーブ要素は薄め。でもやっぱり感じるのは「80年代から見た未来」感。トンネルの中を通ってる高速道路をすんごいスピードで走っててテールランプが光のラインに見えるみたいな曲。こちらも『META』からの一曲です。レオ今井さんのメインボーカル曲です。

5. Masie's avenue
レオ今井さんメインボーカルの曲。『META』に収録されています。
ごめんなさい、この曲に関しては「なんか知らんけど大好き!」というアホみたいな感想しかありません。
でも歌いだしのレオ今井さんの声の出し方が優しいのとか、ソフトだった歌い方の感情がどんどん強くなっていく感じとか、それに合わせるように楽器の音が厚くなっていくのとかが、めちゃくちゃ心をギュってするんですよ。